働くことはやがて趣味化する

有冬さんの投稿をシェアー(^^)

有冬 典子

【働くことはやがて趣味化する】

お母さん、朝からその格好?と次男に言われる寝巻きジャージのままの私。

リーダーシップ開発(コアリーダーの養成。つまり、その中身は「私を生きる あなたと生きる」プログラム)コースのレジメ開発に夢中になっていて、朝から着替えもお昼ご飯も忘れていました。詰め込みたいことが多すぎて、やってもやっても、まだまだ伝え切れていない気がして。生みの苦しみに悶えつつ毎回時間をかけて全面改訂を繰り返していますが、実はウンウン唸ってるこういう時間もとても満たされているものです。夢中とは幸せと同義語ですね。

長男が進路を考え始める年齢になって来ましたが(高2)、彼が幼い頃からずっと言い続けてきた、私の親としての願いはただひとつ。
夢中になれる分野の仕事に出会ってほしいということ。しんどくてもいいし、不安定でもいいし、お金なんて安くてもいいから(このくらい条件を譲れば、大抵は夢中になれる仕事にいつか出会える。夢中に出会えたらあとはこっちのもの)情熱の湧く仕事をしてほしいな。何度仕事を変えてもいいからさ。

これからは特に「好きなこと「以外で」食べて行こうなんて甘い!」と言う時代だしね(某経営者の方の声)。この本にもこう書いてあるし。

さてと、ちゃんと着替えてジムへ行こう。
PCにかじりついてて身体がカチコチです。

「好きな事「以外で」食べていくなんて甘い!」って時代らしい。

これからの時代、普通に考える良さげなものはありふれるけど、その分人の見る目はどんどん養われてきて。

寝ても覚めてもずっと考えてて
ことによってはやる気がなくなったとか、興味が移ってしまった、こんな所に生まれ落ちたなんていう、自分の事情に見える事すら仕事に織り込んでくる。そんな働き方でないとなりたたない気はするよねー。

というか、成功する前に死んでもいいぐらいの感じの仕事でないとやってても残念だよね。

前みーちゃんが言ってた、
「稼ぐための組織なんてもう終わってて、これからはいかに関わる人の人生にとっての進化に貢献できるかが組織にとって重要になってくる」(私の耳に聞こえた感じでは。)
って言葉がとてもそうだなーと思った。

堺屋太一さんも三十年前に言ってたけど。価値の移り変わる成熟社会では、そんな仕事の仕方でないと成り立たないなーと。

と、勝手に思っている。

PICK UP!
■龍涎香について
龍涎香の記事一覧
龍涎香の買取・鑑定をご検討中の方へ

バリバリーネットショップ

■バリバリー製品の感想募集中!
ただいま、バリバリーのオンラインショップでご使用頂ける500円分のお買い物ポイントをもれなくプレゼント中♪
感想投稿フォーム

バリバリースタッフ募集中!

■バリバリーパートナーズ募集
製品や思いに共感して、一緒にその世界を広めてくれる方募集してます。パートナーさんだけの特別製品や限定品の販売もありますのでお楽しみに(^^)
募集要項・お申し込みフォーム

■その他
バリバリーについて
代表について