冬至に向けての世界への祈り5~香りについての散文~

書いてたら、だんだんわかってきた。

もう説明要らないんだ。

ただ、言葉だけ。

 

香りについての散文

 

うちの香りは身体への負担が究極にかからない。
どれだけ多数試しても、香りあたりしない。
負担の負担の少なさは、
その辺で十分わかっていただけると思う。
 
身体への負担が究極にかからない。
それはぶつからないということ。
それはつまり構造体ではなく、流体的であるということ。
 
幾種類か適当に混ぜても、ぶつからないので液体のように絡み合い、きちんと馴染む。精油で香りを組み立てたことのある人は、それだけでもきっと驚くであろう。
 
そして、液体のようにしみこむ香り。
それは、乾いた部分、欠けた部分にしみこんでいく。
その時、あなたの身体と心が本当にほしい部分に届く香り。
 

ぶつからないということは

守る必要がない香り。
あなたの心も身体も、どこも守る必要がなかった時代。
ただただ、あなたであった時代。
そんな時代を思い出させてくれる香り。
 
守る必要がないのだから、
ただただ、あなたのそのままを感じることができる。
そして、その時、あなたの本当を見つけることができる。
 
ただただ、あなたがそのままであってくれればいい。
そんな願いを持った香りです。 
 

 





PICK UP!

■龍涎香について
龍涎香の記事一覧
龍涎香の買取・鑑定をご検討中の方へ

バリバリーネットショップ

■バリバリー製品の感想募集中!
ただいま、バリバリーのオンラインショップでご使用頂ける500円分のお買い物ポイントをもれなくプレゼント中♪
感想投稿フォーム

■バリバリーパートナーズ募集
製品や思いに共感して、一緒にその世界を広めてくれる方募集してます。パートナーさんだけの特別製品や限定品の販売もありますのでお楽しみに(^^)
募集要項・お申し込みフォーム

■その他
バリバリーについて
代表について



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です