現実を変容させる魔法の素材としての竜涎香

アンバーグリス 竜涎香

科学的、医学的な側面の話が続いたので
本日は代替療法的、感覚的、神秘的な側面からのお話です。

この竜涎香、
漢方薬では固まったものを溶かす作用があります。
これは、固まったものなのでそれを使うと、逆に溶かす作用を持つのです。
(ここの理解は波動医学などの理解が必要かもしれませんが。。。まずは、そういうものとして捉えていただけますと幸いです。)

そしてそれは濃度によって
肉体から心、精神まで様々な深さで作用します。

心のレベルで見ると、
竜涎香は竜涎香はマッコウクジラの腸に刺さったイカのくちばしから腸を保護するために出し固めた油です。
これはある意味、「痛みから保護するために作った鎧」と言えるかもしれません。

そうすると仮説としては、
痛みに触れる事から避けるためにきてしまった鎧を溶かしていくような効果。
そこで初めて新しい感覚、世界の手触りに触れられる。
そんな効果の仮説を得ることができます。

もともとこの仮説があったわけではないのですが、
触れたいただいた代替療法の先生からは、
「新しい現実に触れることを恐れてる人の助けになる」と言われたり
「自分を超えた大きなフィールドからエネルギーがやってくる」
「辛い現実から、離れることができる」
「陶酔するような香り」
というような感想をいただきまして。

また代替療法の使われ方としても、
同じような効果を感じさせるものが多々あるところを見ていくと。。。

この物質が持つ物語やそこから生まれる仮説と
その効果が重なり合っている。
その辺りが大変面白く。

ここでは書き尽くせないほど、この話は続いていくのですが。

竜涎香を
「原初の痛みから生まれた現実」
という比喩で見ていくと
竜涎香が媚薬や強壮剤として使われただけでなく、
古代の錬金術や、魔術などでも大変重要だったものということもうなづけます。

今回の妊活フレグランス〜陰〜は、
こちらの「気づいたら霧の中」の濃度の濃いめの部分で作ってあります。
http://www.bariberry.jp/blog/2017/03/25/麝香研究〜気づいたら霧の中の濃度〜/

この濃度は、もしあなたにとって必要がなくなったら、その鎧を脱ぐことができる。
そして、新しい現実に触れることができる。
そんな濃度です。



バリバリーメルマガ

二十四節気ごとの身体の状態、満月新月に合わせたタイムリーな情報をお届けします。新製品やメルマガ読者様限定企画なども♪

→ メルマガ登録はコチラから



PICK UP!

■龍涎香について
龍涎香の記事一覧
龍涎香の買取・鑑定をご検討中の方へ

■バリバリーパートナーズ募集
製品や思いに共感して、一緒にその世界を広めてくれる方募集してます。パートナーさんだけの特別製品や限定品の販売もありますのでお楽しみに(^^)
募集要項・お申し込みフォーム

■その他
バリバリーについて
代表について



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です