【出展情報】10月25日@京都「京(みやこ)アロマカンファレンス

【10/25京アロマカンファレンスに参加します!!】

バリバリーは10/25、京(みやこ)アロマカンファレンスに参加します。

日本的なものづくりの精神で身体と心に本当に良い香り製品を作り、世界に発信していこうというカンファレンスです。

今回、委員長さんに香りを嗅いでもらったところ、参加の許可をいただいて出るのですが、
こういう皆様に会うことができて、わたしの意識も変化。バリバリー の表現も今、大きく見直し中です。

http://miyaco-aroma.jp/sp/

 

香りに関わる人で、新しい地平を見たい方

新しいバリバリーの表現を見てみようという方

僕のスーツ姿を見たい方

是非来られてください(^^)

また、委員長さんのブログも熱いので、ぜひ、、、

http://s.ameblo.jp/miyaco-aroma/

以下ブログより

 

【カンファレンスの立ち上げの経緯と内容】

香りは、日本文化と古くから密接に関わり、時代と共に様相を変えて存在しています。

2004年には、嗅覚のメカニズムの解明によるノーベル賞の受賞を皮切りに、

この研究分野は飛躍的に進歩しました。

また近年のアロマブーム、香り市場の盛況から見るよう、「香り」というキーワードは重要なものとなっており、

伝統文化の地でもある、ここ「京都」で今一度、「香りの可能性」を問うべくカンファレンスを企画しました。

本カンファレンスは、「香りと健康」、「香りと文化」、「香りと既存のメディアとの融合」等の幅広いテーマを扱う、

日本初の香りのカンファレンスとなります。

このカンファレンスを通じ、多くの方に生活の豊かさを、

企業の方には新たなるビジネスの創出のチャンスを、

大学関係者の方には科学的研究での貢献に繋がるイベントになることを確信しております。

 

【カンファレンスの目的】

産経新聞社さんに近々、本カンファレンスの記事が掲載されますが、

カンファンレスの開催目的は以下となります。

今ある様々な香りに関係した情報を集約して、”香りの実用と可能性”を模索していくということにあります。

近年の大学の”嗅覚”や”香り”の科学的研究を見ていますと、

非常に可能性の高いものがたくさん見受けられます。

香りの実用という観点になりますと、様々な角度からの検討が必要になります。

香り分野に携わる方の多くは、良い技術、良い素材等を持たれていても、

それを実用的、またはビジネスにまとめることに試行錯誤するのが多いのではないでしょうか。

京アロマカンファレンスでは、

香り商品を作る全工程、良い技術、良い素材などをいかに実用化するか、

どのようにそれを多くの方に伝えていくか、

また使用する現場でどのように受け取られるかの調査等の

一連の流れを考慮したプログラムや企画を設けて行く予定です。

 

私は、”良い香り商品を作る”とは、

総じて”日本の香り商品を作る”ことに通ずるところがあると思います。

香りの好みは、民族性、文化や環境などに関係していますので、

使われる方のことを考慮に入れますと、そのようになるわけです。

ですので、わざわざ”日本の”香り商品を作ると記載をさせていただいています。

世界に発信できるような日本の香り商品を模索するカンファレンスは、

日本では初めてではないでしょうか。

 

 





PICK UP!

■龍涎香について
龍涎香の記事一覧
龍涎香の買取・鑑定をご検討中の方へ

■バリバリー製品の感想募集中!
ただいま、バリバリーのオンラインショップでご使用頂ける1,000円分のお買い物ポイントをもれなくプレゼント中♪
感想投稿フォーム

■バリバリーパートナーズ募集
製品や思いに共感して、一緒にその世界を広めてくれる方募集してます。パートナーさんだけの特別製品や限定品の販売もありますのでお楽しみに(^^)
募集要項・お申し込みフォーム

■その他
バリバリーについて
代表について



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です