アンバーグリス、写真情報。

アンバーグリスジャパン、山田海人先生の情報を転載します。

 

【英国で8歳の少年が竜涎香をひろう。】

2012年9月1日に英国のDorset beachの海岸で8歳の少年Charlie Naysith君が600グラムの竜涎香(りゅうぜんこう)拾った。

犬と散歩していて打ち寄せられた海藻の中から見つけたのだ。 父親が詳しくネットで調べたところ竜涎香600gだと63356ドルの価値があると言う。

 他にも英国ウエールズ北部の海岸で3月に3個の竜涎香が見つかり6700万円の価値があると言う・この時も犬と一緒に見つけたものでどうも犬の臭覚が竜涎香の発見に有利なようだ。

 英国のだけの話題と思わないで下さい。 竜涎香は琉球王朝のころ世界一の輸出国でした。日本の太平洋沿岸でも見つかる可能性が高いので是非愛犬とともに海辺を散策してみて下さい。

竜涎香の種類
ニュージーランドのアンバーグリス社では
竜涎香を等級でランクしている。
WHITE/GRAY 白色の コーティングされたもの、 STANDARD 灰色や茶色で香りが強い。 LOW QUALITY BLACK  黒く、硬く石のよう。
購入するのは以上3ランクで、下のは購入外のものだ。
ADRIENNE 黒くて柔らかく粘着性がある。強い肥料臭があり、湿った軟らかい粘土のようなもの、やがて竜涎香になるが海へ戻して欲しいもの。 買う対象外のもの。
以上です。

 

竜涎香のコレクション】

 アラスカに住んでいる方の竜涎香と琥珀の
コレクションです。 2010年

 

【竜涎香の発見】

竜涎香はマッコウクジラの放出物で、大西洋、南アフリカ、ブラジル、マダガスカル、東インド、モルディブ、中国、日本、インド、オーストラリア、ニュージーランド、モルカ諸島でビーチコーマーによって拾われています。
最近では、2015年11月オマーン南部の海岸で13キロ、2015年9月の英国ウエールズで1.1キロの竜涎香が拾われれています。
写真は北海で拾われたものです。
日本での情報はアンバーグリス・ジャパンで検索下さい。

 

 

【竜涎香でしょうか?】

2012年の検索から。 竜涎香でしょうか?
の問いに、専門家は、海水に浮いて、ホットワイヤー
テストで臭いなど確かめて下さい。 中に
イカのカラストンビが入っていれば確実に竜涎香です。
と答えています。 悩ましいところです。

 



バリバリーメルマガ

二十四節気ごとの身体の状態、満月新月に合わせたタイムリーな情報をお届けします。新製品やメルマガ読者様限定企画なども♪

→ メルマガ登録はコチラから



PICK UP!

■龍涎香について
龍涎香の記事一覧
龍涎香の買取・鑑定をご検討中の方へ

■バリバリーパートナーズ募集
製品や思いに共感して、一緒にその世界を広めてくれる方募集してます。パートナーさんだけの特別製品や限定品の販売もありますのでお楽しみに(^^)
募集要項・お申し込みフォーム

■その他
バリバリーについて
代表について



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です