現在の沖縄では竜涎香が豊富に見つかる可能性が。。。

琉球は江戸時代には竜涎香の一大産地で

「琉球には豊富に竜涎香が産出する。それも最も質の高いもので、とりわけ白い竜涎香は世界でもっとも良質の竜涎香だ」と記載されるほどでした。真栄平 房昭「南蛮貿易とその時代

琉球の「通航一覧」によると竜涎香の扱いは年に17箱、50袋などと記録されていますので、周年にわたって多く産出されていたようです。詳しくは、164417箱、171050袋、171230袋、171450袋、17151箱、17182箱、171930袋、173130袋、1748200袋、1764150袋、1790150袋との記録が残っています。この箱と袋の表現の違いですが小ぶりのものが幾つも袋に入れられていた。形の大きな1個はそれぞれ箱に入れられて特別に扱われていたと考えられます。

このように豊富に見つかっていた竜涎香ですが、江戸時代以降記述が大変少なくなっていきます。

江戸時代末期から日本近辺に行われるようになった西洋式捕鯨により、マッコウクジラは絶滅寸前まで追い込まれました。

それゆえ、竜涎香は漂着しなくなり、また拾う文化も途絶えてしまったと思われます。

ただ、現在、クジラの保護活動のおかげで、

マッコウクジラの数は江戸時代の数まで回復しているとのこと。

そう考えると江戸時代と同じく、沖縄では豊富に竜涎香が取れる可能性が高いわけです(^^)



PICK UP!

■間もなく始動する新プロジェクト。
不安定な時代だからこそ……
乞うご期待!
メルマガ登録はコチラから

■龍涎香について
龍涎香の記事一覧
龍涎香の買取・鑑定をご検討中の方へ

■バリバリーパートナーズ募集
製品や思いに共感して、一緒にその世界を広めてくれる方募集してます。パートナーさんだけの特別製品や限定品の販売もありますのでお楽しみに(^^)
募集要項
お申し込みフォーム

■その他
バリバリーについて
代表について



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です