香りについて

オステオパスの方から竜涎香の評価をいただきました。。。

オステオパシーをされている増田さんがバリバリーへ

こうやって敏感な施術者とお話しさせていただくと、僕も学ばせていただけることたくさん。

いやーいい時間でした♪

ありがとうございました。

 

 

 

http://www.bariberry.jp

非加熱、非精製の香りアンバーグリス(竜涎香)吉田さんの元へ

以前アロマのサンプルを貰った事もあり、一度訪れようと思っていた吉田さんのところへお邪魔して来ました。

これ、治療家にも、日常のコミュニケーションにトラブルを抱えてる人にもすごくいいなぁと思います。

アンバーグリスの感想。

深海の大きな静けさに包まれていく感覚香りをかぐと、

正中線をスーッと何かが流れるような感じがして一緒に話しているその場所まで静かになっていくよう。

初めて会った人、場所にも関わらず、慣れ親しんだ静かな土地で話しているかのように感じられ、

不思議な落ち着きの中、素直に自分らしく対話できてい自分を感じました。

 

帰り、友人の話しかけに対してうっとおしさも感じず、

水面挟んで静かなところから会話を聞いているような感覚が、面白く。

 

相手のエゴの表層にとらわれない安定感と静けさ。

そこから普段の意識に戻っていくとともにざわつきに影響される自分。

周りの影響により変化している自分に気づく。

深い瞑想を終えた後のような感覚。

 

手技療法やヒーリング、言語用いたコミュニケーションの前や1人になる時、

表層のエゴに影響されない深い意識を感じるのに使ってみたいと思います。

 

宮古島から大神島と水平線を見ながらを旅した最後に

この香りを嗅いでいるというのも何か1つのつながりのように感じます。

匂いというツールの可能性を改めて感じながら愉しくお話させていただきました。

 

早速1つしかないアンバーグリスのアロマを購入して帰宅。

匂い付き空瓶を嗅ぎながらどこが再現できないのかマニアックに感じる遊びに勤しむなう。笑

ありがとうございました^_^

 

そうそう、友人の「無意識の人前に出ることのストレス」は、

この香りを嗅いだ直後の筋力テストでストレスが消えていました。

心理ストレスにもいい感じ。他にも色々使えそう。

 

 

創造は静寂の中から訪れる

【創造は静寂の中から訪れる】
 
 
今日、伊澤先生からもらった言葉。
 
最近ずっと眠くて
ただ、恐れから駆り立てて行動していないのでいい感じだと思ってる。
恐れからアドレナリン出せば動けるけど、それしないで、感覚をホールドできてる気がする。
今までこの感覚に耐えられなくて恐怖を作り出して来たのだね。
 
その話的に、この香りとリンクしてるから、なのではないかと。。。
3年寝太郎の話もあるし、創造性と眠りはリンクしているらしい。
もう恐れからの行動はやめようと思った瞬間に、この香りと海の安心感に包まれた。
開発のモードと僕の生活が全てリンクしてしまうのが良いところでもあると思う。
 
 
 
帰りがけに見てもらったら、この香りの感覚、なかなか面白い場所に連れてってくれるねって。
忙しかったり、他の精神的なことで、ハードな日常を送ってる人が、
避暑地のように、休めるスペースに連れていってくれる香りでないかと。
 
普段立ってる位置から、少し外れて休養する。
創造的なアイデアをもたらすのに最適の香りみたい。
ぼーっとする時間が取れない人に、
余裕から生まれる新しい発想。
 
そういえばラピュタとかも、嵐の中に、静かな空間に浮いているみたいなイメージだったよね。
やっぱり忙しい現実の中で、不意におとずれた静寂。
その中に龍のエッセンスが隠されている気がする。
 
前瞑想の先生にも、脳波を完全に静寂にした時に
普段は知り得ない情報が入ってくるとも言われたな。
 
深海のさらに深くに位置する深淵の場所。
 
 
 
この香りブロックを溶かすと言われていて、まさにそんな感じなのだよね、
  
普段自分の作った世界の中の檻や嵐の中で生きてしまっていて
良くも悪くも、抜け出さない感じになってしまっている。
その感覚が薄れて、より大きな世界からのものが漂着するのを許せる感覚。
 
漂着するというのがミソだけど。。。
自分の思った形でもなければ、タイミングでもないという。
自分だけの発想ではなくて龍涎香のように何かが向こうから流れてくる。
 
 
 
〜創造は静寂の中から訪れる〜龍の雫
オイル作ってたけど、オイルの前にペンダントできてしまったな。
 
日曜日に竜涎香先生に会うことになったので!
作っていってお見せしよう。
 
 
 
そのあとランチ食べたサニーも超ハマってたし。
とりあえずサニーのところと販売所で出します。
 
あーいい匂い。

アンバーグリスジャパン設立

【アンバーグリスジャパン設立】

うーん、アンバーグリスの夢を見すぎてこんな時間に作業(笑)
こんなサイトも作ってしまいました。。。
https://peraichi.com/landing_pages/view/6c75r
グーグルビジネスにも登録
 
龍涎香っていう、香り作る人なら誰でも知っていて、
すごく物語があって、本当に良い香りで、人間の身体への効果も素晴らしい香料。
 
これを日本で発見、活用する仕組みづくりしたいのです。。。
 
もともと、龍涎香って日本の特産品だったのです。
マッコウクジラの数が回復してるから、日本では探せば結構あるはずなのだよね。。。みんな意識してないだけで。
たまに拾った人がお宝発見でテレビに出たりする。
 
あと、海洋ゴミの集める仕組み作ってる人の網にかかってるのではないかな。。。と。
 
なので、県とかNPOの海岸掃除の団体にも声かけてみようと思ってます。
 
現在ビーチーコーマーのけんさんと、おっさん二人でやってます。
https://blogs.yahoo.co.jp/makoaiyuikoumi
超楽しいww
 
アンバーグリス仲間募集中。
好きな人連絡ください。

 

竜涎香製品とクラウドファンディング


アンバーグリスの香りを知る製品たち


アンバーグリスを使った製品一覧です。

収益は竜涎香が見つかった際の出張料など活動費に当てられます。

鑑定に行った際は以下でご報告いたします。

 

このページはクラウドファンディングも兼ねています。

現在はまだ日本の竜涎香発見情報もまとまっておらず、公式には一件も発見報告がない状況です。

ぜひ日本の竜涎香発見にご支援を!!

 

 

<アンバーグリスペンダント>

 

アンバーグリスの香りを知りたい方へのペンダント

アンバーグリス100%のチンクチャーです。

ビーチコーミングの際にこの香りをかいで浜辺を探して見てはいかがでしょうか。

 

4320円

 

 

 

 


以下はアンバーグリスを使った製品です


〜創造は静寂の中から訪れる〜

<龍の雫>

5400円

 

 

 

エロスの香り

<エロスの香りペンダント>(追加製造分)

ベースのローズは自然栽培のダマスクローズを3ヶ月かけ5回漬けました。

そこに本物の龍涎香(アンバーグリス)と麝香’(ムスク)を配合。

様々な専門家の方と研究の末、完成しました。

世界のどこにもない、本物のローズムスクです。

(ペンダントのサイズは1mlです。)

制作過程についてはこちらにまとまっています

 

 

奇跡のオイル

 

 

製品はご発注から1ヶ月ほどお待たせすることもあります。

ご了承くださいませ!

 

こちらのバリバリーのページから購入いただき、

備考欄に「アンバーグリスクラウドファンディング」と書いていただくと

そちらの利益もアンバーグリスジャパンのクラウドファンディングの費用とさせていただきます。

リベレーションブランドバリバリー

 


協賛金も募集しております。

<一万円>

<一〇万円>

 

 

協賛いただいた方のお名前は以下に書かせていただきます。

書かれたくない方は備考にその旨お書きください。

 

 

 


<鑑定先報告>

沖縄久米島(予定、費用が貯まったら行って来ます!)

<情報収集先>

ニュージーランド アンバーグリスNZ社

 

 

熱帯アマゾンに続いて、バリ島でもベチバーのアウトドアスプレーが、、、(^^)

ベチバーのアウトドアスプレー、ベチベルウィンド

先日Kさんが1L買っていかれたので、そんなに良かったですか!?と伺いましたら(^^)

本当に助かってるとのことで、色々と話を聞きましたところ、

なんとバリ島でも大変効果的で、全く虫に刺されなかったとのこと♪

これで、アマゾン、バリ島、あとそみさんに使っていただいたスペイン?だったかな。

海外でもちゃんと効果があることが実証されました(^^)

以下がKさんの感想です。

なかなかベチパーと写ってる写真が無かった。。。 でも、9〜10月にかけて約二週間、水遊びをするたびにベチパーを使ってたからか、虫刺されは一箇所もありませんでした! こんなに藪と水だらけなので、蚊は多いはずなのにね。 一緒に旅をしたミカさんもとても気に入ってくれたようで、満タンにして置いたボトル使い切りました!
香りがいいので、レッスンの合間にリフレッシュとしても使ってました。

頭がパンパンになってる時も、ベチペルウィンドの爽やかな香りでスッキリ✨

瞑想にも向いているかも(^ω^)
 
ウブドにも、オーガニックの虫除けスプレーは売ってましたが、ここまで深呼吸できる感じではなかったかな。。。
 

 

いえーい♪

 

 

アンバーグリスのメタファー



雨の日も、海いいね、海

動物性香料のアンバーグリスと海のメタファーがどんどん頭に流れ込んで来てます。
ある意味アンバーグリスって、奇跡の象徴だなと。。

アンバーグリスって海をプカプカ浮いて打ち上げられるんですよね。

今日ちょうど話してた話で、これうまくいく!って時はまあまあの結果で、色々とやっていくうちに、なんか予想外のところからもたらされた物が意外と大ヒットする、そのためには、さーて次なにくるかなーって感じで自然体でいるといいよねと。
自分の見えてる範囲の外のフィールドから打ち寄せられる大きな宝物のような何か。
田原さんの投稿で、エルダーは自然体で、周りの人の心を自由にし、他力で奇跡を実現する。とかいてあったけど。
実際海を前にして、頭フリーにしてると、どんどん流れ込んで来て、身体は超楽なのです。
この感覚ですこの感覚です。

さて奇跡おこるかなー。

竜涎香オイルの紹介文章が寄稿されました

ビーチコーマのkenさんから龍涎香オイルの紹介文章がメールで送られてきました(笑)

メールで書いてきてくれたのですが、なんか素晴らしすぎるので転載です♪

商品紹介作るときはこちらを使わせていただこうかと。

なんかアンバーグリスが見つかったかもという報告もあったり、楽しいです〜(^^)

 

さあ、今からクジラのぬいぐるみ買ってきます♪

友達に見せてもらって超可愛かったので(^^)

ビレバンで売ってるみたい!

 

過去の歴史から、竜涎香の『媚薬効果』は有名な話!

 

現時点で科学で証明されていないだけで

 

過去から語り継がれてきているということは、

 

昔の人達が、実際に使って感じた『真実』そのものだと考えられます!

 

歴史上、時の権力者や高貴な人物しか使えない『最高級天然香料である竜涎香』は、

 

その『恐ろしい程の魔法のような媚薬効果など・・・』を発見し、国と国との争いごとの交渉時には、

 

敵の大将である、男性に『竜涎香の香りで魔法にかけて』交渉を優位に進める!

 

その事実や効能、更にはレシピを、時の権力者が、門外不出として隠してきたために『竜涎香は幻となり』

 

そして、真実を知る『権力者が高額で買いあさった?』

 

その結果、一般の民には『竜涎香は一獲千金の対象』となる。

 

専門的に香りの研究をしていた『女王クレオパトラ』が、配下に銘じて作らせた

 

『竜涎香・麝香・ローズなど数十種類の微妙な調香』は、現代の調香師ですら及ばず

 

おそらく、王族の指示で、実際の奴隷を使い『人体実験』までが行われていたのではないか?

 

ローマ帝国の歴史は、皇帝である男性の帝国で、権力を持ったものは、

 

人間が欲する一番の欲望である『食』を極め、食を満たしたのちに、次なる

 

『エロスを究極に求めだす!』

 

ローマ帝国の侵攻からエジプトを守るために、女王であるクレオパトラが、画策した

 

男を騙すための『香りの兵器』

 

ある意味、この地球という星が生み出した、人間を惑わす香り!

 

国と国との同盟を結ぶため『竜涎香の香り』を、ある意味、交渉の兵器として使用したのではないか?

 

その香りの魔法にかかった男性(アントニウス)は、まんまと策略にはまり、同盟を結ぶこととなる!

 

ミイラを製造するエジプトでは、防腐剤としての香料の研究が進んでおり、

 

国を上げて『香料文化が発展』していたと考えられる!

 

香りが、人間の精神に及ぼす影響は、計り知れないものがあることは現代のアロマで証明済みであるが

 

古代エジプトの王族が、『竜涎香の香り』に秘められた『魔法の力(強力な催淫効果)』を、

 

古代エジプトの王族の権威を使い、現代以上に研究開発に取り組、既に手に入れていたとしたら?

 

もちろん、そのレシピは、国の重要機密のようなもの!

 

エジプトが滅ぶと同時に、その機密情報も失われてしまったが・・・

 

『竜涎香の魅力に魅せられた一人の男性(吉田さん)』

 

バリバリーの天然香料に特化した研究開発で、

 

過去のエジプト王族が、天然素材だけを使用した『魔法の力』を再現し

 

『魔法のようなエロスの香り』

 

が、現世に蘇るのかもしれない!

竜涎香オイルの感想いただきました(^^)

スーパーサイヤ人になる(笑)竜涎香オイルの感想早速いただきました。

本当にこのうっすらな香りやみつきになるし、

コミュニケーションというかその辺りも改善してくれそうですよね。

オイルは、あの後も家事で水をたくさん使っても、夜までうっすら残り香を感じました(^-^)

どんどん、自分のにおいと一体になっていくような。

使う部位によっては(どこに塗ればそうなるかは不明ですが(^^ゞ)、

膣の潤い不足に悩んでいる人に良いかもしれないです♪

私の場合、塗ったタイミングが、月曜日は生理明けて直ぐだったのです。

体感的には「ピチピチ潤い期」で、精神的には安定しているときなんです。

女性性の中でも、母性的な本能(巣作り・子を守り育てる、みたいな。)より、

対異性への魅力を発揮する時期なのですけど、そっちがアガルような気がします♪

セック スレスの部分だけでなく、そうなるに至ったパートナーシップの改善とか。

具体的な根拠はないですけどー!(笑)

ただ、月曜日の夜、今後の同居生活について、

夫に言いにくかったことを落ちついて話せたので、

少なからず、オイルのアシストを感じました(^^)

 

そして、この辺りの感想は僕の今体験していることと本当にぴったりで、、、

そういうタイミングの人に手渡されるオイルなのかもしれませんね。

いい悪いを超えて、大きなエネルギーが流れ込んでくるー!!

私は個人的に海って怖いな、と思っていた時期があって、

そこが「海って寛大なんだー!」と思えた頃から、

アウトドアな経験がとってもエネルギーチャージできるということに気づいた過去があります♪

自分にも、周りに起こる事象全てにも、

「良い・悪い」の判断をしないで、

事柄をぜんぶ、 「そういうこともあるのね~」 と、ただ認識するだけでOKなんですよねー^^

「違い」を知るために、この体で生きているのだと思うと、

とってもオモシロイ世の中を体験できてラッキー!ぐらいに感じるから不思議です^^;

 

今日もあるセラピストの方に触っていただいて、、、穏やかだけど、かなりいいみたいですよ。

 

と、まだ発売していないのに、着々と声が集まってくる不思議。

将来的には代理店販売だけにする予定なので、直販は研究室の製品を含め、会員制の販売にしようかなと思っています♪