非加熱未精製へのこだわりと想い

バリバリーのフレグランスは、すべて非加熱・未精製で製作しています。

有機エタノールに漬け込み、温度を加えずに数週間〜数年の時間をかけてじっくりと香りを抽出。※植物のエネルギーをそのまま生かすため、添加物や化学物質も一切加えていません。

これにより、一般的には失われる微量成分や香りのバランスが最大限に生かした製品となっています。


※バリバリーのフレグランスは、有機栽培のサトウキビから作られたエタノールをベースにしています。

非加熱未精製とは

非加熱未精製とは、加熱精製せずに植物から香りを抽出する方法のことをいいます。一般的な製法と比べると分かりやすいかもしれません。

一般的な製法

一般的なフレグランスには、水蒸気蒸留によって加熱精製された精油が使われています。金属製の窯で蒸した水蒸気を植物の下から炊いて取り出すという方法です。
短時間で凝縮されるので、輸送にも便利で効率的。しかしその一方で失われる成分もあり、全体のバランスが崩れるという一面もあります。

バリバリーの製法

バリバリーでは、香りの抽出法として植物をそのままアルコールや油につける方式を採用しています。手間暇はかかりますが、加熱精製の過程で失われる植物由来のミネラルやビタミンや、酵素や香りの微細な芳香成分が残る方法です。

全体バランスを生かすために

非加熱未精製で香りを抽出しているのは、世界的にも極わずか。
コストなどを考えると非効率的な部分が大きいため、日本ではまだ出会ったことがありません。

バリバリーでは、どんな香水も使えなかった開発者がこだわり抜いた結果、非加熱未精製の香りの製品化を実現することができました。非加熱未精製にこだわることで大切にしているのは、「生命の全体性とバランス」です。

「命の温度帯」での製作

地球上にいる生物の大部分は、5度〜38度という「生命の温度帯」で活動しています。動物も植物も微生物も、主な活動温度は同じなのです。

例えば、ビタミンは48度程、酵素は58度程で壊れるとの研究もありますが、非加熱なら壊れる心配はありません。現代医学では認知されていない波動医学レベルの違いもあるとされて、現在研究が進んでいます。

生命の「全体バランス」を保つ

全体食やホールフード。ホリスティックな考え方は広がっていますが、バリバリーでは、これを「香り」も同じと捉えて製品づくりをしています。

精製塩や白砂糖の話が分かりやすいかもしれません。
天然の塩にはミネラルなど60種類以上の微量成分が含まれますが、精製塩になると成分構成の99%以上が塩化ナトリウムとなります。

精製塩は身体の代謝サイクルに入りにくく血圧の問題になるとも言われています。これに対し、天然塩はミネラル等の微量成分が含まれることで、健康問題につながりにくいとの見解が大きくなっています。

人の手が加わるほどに、自然のバランス・生命のバランスが崩れてしまう。だけれどきっと、栄養も香りも私達の心身も、小さなもののバランスが大きく関わっている。

バリバリーでは、そんな繊細なバランスを大切にする製品づくりをしています。



バリバリーメルマガ

二十四節気ごとの身体の状態、満月新月に合わせたタイムリーな情報をお届けします。新製品やメルマガ読者様限定企画なども♪

→ メルマガ登録はコチラから



PICK UP!

■龍涎香について
龍涎香の記事一覧
龍涎香の買取・鑑定をご検討中の方へ

■バリバリーパートナーズ募集
製品や思いに共感して、一緒にその世界を広めてくれる方募集してます。パートナーさんだけの特別製品や限定品の販売もありますのでお楽しみに(^^)
募集要項・お申し込みフォーム

■その他
バリバリーについて
代表について



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です