バリバリー始まりの物語〜バリバリーのあゆみと代表の紹介〜

~バリバリーとは~

バリバリーは生命の流れを追求する活動です。

それは呼吸するということ。

息をすること。

自分は世界から何を受け取っていて、

自分はそこにどう呼応したいのか、

その創造性の追求の活動です。

~始まり~

最初は動けない自分を認めることからはじめました。

あの花が咲いたか見に行こう、

今日の月はどんな具合だろう

今日はあそこでどんな夕日が見れるのだろう。

動くことができない中でも、動くことができるものが見つかりました。

動けないからこそ本当に動けるものが見つかる。

命が呼んでいるものが見つかる。

ある程度動けるようになってきた時、

自分を満たす素材を見つけようと探し始めました。

でも、疑り深いので、徹底的に調べてしまう。

そうするとほとんど自分が気にいるものがないということがわかりました。

でもそれゆえ、世界でも最高の品質の

疑り深さだと思っていた自分の目は、

最高のものを見分けるセンサーだとわかったのです。

自分の中の全てがあっていい。

解放した時、その意味がわかり新しい世界が始まる。

リベレーション(解放)ブランド

自分という存在、与えられた全てを愛おしんでいく活動です。

 

【代表の紹介】

⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️よっしー 年表⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️

2011年12月 精神病院へ入院

2012年 1月 なんとか出てくる。。。

2年間の間様々な世界を旅する。

2013年12月21日バリバリー設立

2013年4月 シンデレラキー完成

2013年5月 非加熱の香りを発見、抽出を続ける

2013年10月 ストール開発、発売

⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️流れ⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️

整体の仕事をしていたが、体が敏感になりすぎ、2012年末パニック障害、拒食症で30kgほど痩せ精神病院に入院しました。

 
そこから出てきたのち、人と会えない中で、自然界のエネルギーについて勉強する。というかこの動かない身体がどうしたら動くか研究を続けました。
ある意味、人と会わない二年間で徹底的に勉強することができました。

自然界と対話した2年間の物語

多少回復した頃、感覚が壊滅していたので、(世界は灰色に見えるし、触れている感じも、何か膜があるような変な感じにしか感じない。)

本物の感覚を知ろうと毎月クレジットの上限を超えて買い物をし続け世界から最高の素材を集めました(その時たまたま、交通事故に遭い保険金があった)。
 
代替療法の本や内海先生の記事を見ながら、研究を重ね、現代医学では治らない、自分の心身を回復させるために最高のものを自分のために作ろうと思いました。(一般にはどこ探してもなかったのです。)
既存の薬などでは治らないため、代替療法などを皮切りに西洋医学の理論を超えた部分で自然界の命の力を研究。
自然栽培や微量成分など、現代医学とはまた違う観点から生まれた素材に出会いました。
 
普通には10分も歩けなかったため、自分が歩けるか歩けないかなど、自分の体がどうすると動くか人体実験でエネルギーのあるものを見極めていきました。
また、症状が重いのと、疑り深い自分の性格から、日本で最高峰の治療家、その分野で日本一又は世界一の先生と何人もお付き合いがあったのです。
その先生に治療を受けながら、出来上がった製品を見てもらい、治療の合間にエネルギーの見分け方や、命について、色々と学ばせていただきました。

昼も夜もなく、学び続け、学んで、広がった発想をFBへ投稿し続ける。その中で、自然派だけどかっちょいいブランドを立ち上げたいとFBで呟いたところ、15人が手伝うと言ってくれたので、立ち上げてみました。(2013年冬至リベレーションブランドバリバリー設立)

香りについては昔から友人のシャンプーが変わっただけでもわかるほど敏感でした。

時間だけはたくさんあったので、香りの配合に関して、古典を読み学びました。

周りの治療家の先生のアドバイスの元、

エネルギーレベルまでこだわった香水が2014年4月に完成。

一作目がシンデレラキー。

香りを研究する中、非加熱未精製の抽出法を知る。

非加熱が素材的に素晴らしいことはわかったのだが、誰も非加熱の香りを作っていなかったため、

一人で数百種類の素材を抽出し続けた。

香りとの出会いの物語


すでに本当に良い知識を広めるために活動していた方はたくさんいたが、
香りや布製品など感覚の製品分野ではまだ世界に貢献している人がそこまで居なそうだったので、
自分のできるところはここかと思い活動している。

【バリバリーの歩み】

2013年冬至設立

2014年4月シンデレラキー発売

2014年5月かぐや姫発売

2014年6月やっと会えたね発売

2014年7月恋するジャスミン発売

2014年8月ベチベルウィンド発売、ストール発売

2014年9月〜カラーボトル開発

2014年10月金木犀発売

2014年11月チョコの魔法シリーズ発売

2014年12月?カタログ完成

2015年5月あなたに会えてよかった発売

2016年5月しみる雨音発売

2016年10月フェアリーフレグランスオイル発売

2016年11月sense布シリーズ発売

2017年5月エロスの香り発売

【様々なまとめ】

2013/12/21-2014/07

バリバリー立ち上げの記録

http://bariberry.jp/member/cf/yossy1

2014/12/21-2015/6/8

バリバリー設立2年目の記録

http://bariberry.jp/member/cf/yossy2

2016/04/07

バリバリー3年目に入り活動をまとめてみました。

http://www.bariberry.jp/blog/2016/04/07/konnnahito/

よっしーに関する様々なまとめ

世界に色を取り戻したい。

世界を一から構築し直しています。

身体で感じて自分の解釈で。

香りとの出会いの物語

http://www.bariberry.jp/blog/2016/01/15/kaoritonodeai/

様々な活動のまとめ

http://bariberry.jp/member/cf/matome

倒れる前にしていたことは・・・?

幼稚園→焼き芋や美味しいものが手元にあって、それを人にあげると喜んでもらえる

小中高→哲学者、数学者、物理学者(宇宙のことを知りたかった、生物はなんで生物は生きてるの?と聞いて答えが返ってこなかったので、却下)経営者(父の影響)

もう勉強したくなかったので理系だったのに推薦で経済学部へ

大学時代は祭りなどで、隊長的なことをする。

みんながどうしたら元気になって涙が流れるかということを色々と研究。

結界の有効性や、催眠技術など色々と研究もできた。

大学後はぶらぶらしながら、催眠や心理学、または経済の方面に進みたいと思う。

仕事をしながら、経済や心と体のつながりについて学ぶ。

独立してシェイキングスピリッツ設立

【本文】

うちの製品が世界にオリジナルで素晴らしいのはわかってるのですが、

僕、お肌の調子もまだ完全には治ってませんし、

僕自身、まだいろんな問題あるし、

そんなに効果体感として誇れるかな??

と思っていたのですが、

Tさんから、

「よっしー死にそうになって精神病院から帰ってきたっていうのはなかなかないし誇っていいことだと思う」

って言われまして。

そういえばそうだったと。

すっかり忘れていたのですね(笑)

もうすっかり忘れてしまうぐらい回復していたのです。

実際僕をみていた先生としては

「もう帰ってこないかもしれない」

と思われていたこともあったそうで、、、

魂を救われた経験(ブログ)

http://www.bariberry.jp/blog/2015/08/16/%E9%AD%82%E3%82%92%E6%95%91%E3%82%8F%E3%82%8C%E3%81%9F%E7%B5%8C%E9%A8%93/

そういう意味では、僕自身が、そんな精神と命の危機から回復する過程で出会い

自分自身を復活させてきた製品たちです。

そのテーマは命の力、存在の力です。

【ストーリー】

周りの世界を押し付けられて、世界が灰色になった。

本当の感覚を知りたい、そのためには自分の感覚から。

本物の感覚ををまず知りたい。

本物の感覚を知ると魔法のようなことが起こる。

最先端には魔法がある。

そこで次は動物香料。

人間が人間であるために。

エロスのリリース、文章

ー過去の個展を紐解くーそれは今までの石油文明に残ってない命の時代の英知だから

ー失われた技術を復活させて様々な製品作ります。

ー太古の文脈の中から命のセンテンス見つけ、感覚の人を定規使ってもらって、検証と。





PICK UP!

■龍涎香について
龍涎香の記事一覧
龍涎香の買取・鑑定をご検討中の方へ

バリバリーネットショップ

■バリバリー製品の感想募集中!
ただいま、バリバリーのオンラインショップでご使用頂ける500円分のお買い物ポイントをもれなくプレゼント中♪
感想投稿フォーム

■バリバリーパートナーズ募集
製品や思いに共感して、一緒にその世界を広めてくれる方募集してます。パートナーさんだけの特別製品や限定品の販売もありますのでお楽しみに(^^)
募集要項・お申し込みフォーム

■その他
バリバリーについて
代表について



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です