2017年 5月 23日の投稿一覧

龍涎香は大いなる安らぎを受け取る一歩になるのではないかな

アンバーグリス、

マテリアポエティカにはこのように書いてありますね。。。

 

メタファーとしては

海が好きでなかった僕と

母から早く独り立ちを促され、安らぎを受け取れない興奮した子供

がすごく重なります。

 

そして、海のエッセンスであるアンバーグリスが、

海の大いなる安心感を受け取るための呼び水なってくれたのではないかなと

 

そう考えると、今、色々と切り離され安心感を無くしてしまっている現代人に

こうやってアンバーグリスを手渡していくというのはすごく大切なことのようにも思えます。

 

あなたは恥ずかしがり屋ですぐ赤くなる

みんなといると怖いし

自分が醜く思えて

みんなから隠れたりするのね

自分のトイレでしか

ウンチもおしっこもできないし

戸惑いやすいのね

ひとりでいたいのね

過ぎ去ってしまったことをくよくよして

悲しんだり、失敗で死にそうな気分になったりするわ

音楽を聞いたりすると

震えがくるし咳も出るし

もうほんとに興奮してしまう

熱が出て神経質になってしまう

笑いかけられるともっとひどくなるわ

話しかけないようにしなくちゃ

混乱させてしまうだけだもの

そんなことすれば早々と老けてしまう

アンブラ グリスィアは恥ずかしがりやさんで

どんどんぼけていくわ


リュウゼンコウ

恥ずかしがり屋で感じやすい傾向
早発性痴呆、神経衰弱、老年痴呆、精神神経症
気おくれ、臆病
些細な原因で震えたり、困惑したり、興奮したり
迷走性の症状

歴史的背景

マッコウクジラから採取される松脂に似た一種の香料
ジャコウに似た風雅な芳香がある

 

 

 

 

海人先生のブログでは

龍は「水の神様」と言われて、中国では龍は深海の深い深淵と呼ばれるところで寝ていると言われています。その龍のうたた寝をしている時のよだれの香と書いて竜涎香と言われています。

と書いてありましたし。。。

 

この海の贈り物であり、エッセンスを今の人たちに手渡していくというのは

文化の復活ということ以上に何か素敵な意味があるのでないかなと思います。

 

 

まあ、僕自身がすごく気に入っているだけですがwwwww

 

今日のミーティングで竜涎香オイルを試してみたら

今日はバリバリーの全体ミーティングの日

作ってみた龍涎香のオイルを試してみてもらったところ、、、

なんか皆さんすごいことになってましたよ(^^)

僕の感覚だとスーパーサイヤ人です(笑)

昨日は僕の体調良さかと思ってましたが、なんか、このオイル自体にすごい力がありそうです。

 

 ベースはワイルドの国産椿油。

これだけでもなかなかな逸品ですが、、、

そこに龍涎香や幾つかの植物を酵素加工して抽出したオイル。

 

香りとしてはホホバオイルで出した方が良くかおるし、エタノール抽出はもっとかおるのですが、、、

椿油はやばいです

龍涎香が肌に染み込んでいくのは本当にすごいのではないでしょうか。。

 

海いいです。竜涎香オイル作成中。

代表の吉田です。<br><br>

いやー、海いいです、海

って

何かがすごくいいです

今まで海って苦手だったのだけど

 

龍涎香という海からの贈り物の香りに触れ始めたおかげな気がしてるし

海が苦手だったから龍涎香に惹かれた気もしてます。

 

海からいただくこの感覚。

なんか、そういうオイルができそうです。

 

今日もちゃぷちゃぷ。

もうちょっと、毎日行って感じてみます。