物質界の論理構造にその拠り所はないわけです。

つまりその製品の本質は

変化し続ける命そのものなのであります。

 

僕はその本質を追求していきたい。

 

13006660_1215419661804490_2976573366732138612_n

 

だからこそ、香りで学んだことがそのまま布に生かされたり、

心の葛藤で学んだことが、製品の制作に生かされたり。

 

今日のラジオで話したことがそのまま、この文章に生かされたり。


全てを1つとして扱っていけるわけであります。

どこも無駄にならない。

常に命はバージョンアップして行く。

 

 

そして、それを実際に伝えるには、

水素という形で計測したり、

つかった人の実証をとったり、

様々な現象界での論理構造を利用しながら伝えていくのです

(人に対してだけではなく、自分自身に対しても)。

 

でも、伝えた事は事実の1つの側面でしかなく、

その製品に触れた人(自分も含めて)は、

その見ている事実以上のものに触れていただけるのです。

 

水素を発生させるために作ったものは、

水素を受け取ったら終わりですが、

命の源を見つめて作った製品は、

たまたま現象界に現れた水素だけではなく、

他にも栄養素、微量物質、そのバランス、電子、色目、波動、

様々な形でそのエネルギーが現象界に現れるわけです。


つまり、その製品の素晴らしさを伝える事に終わりはないのです。

 

つまり、命の無限大の可能性をそのまま表している製品なのです。

 

その命の無限大の可能性に触れている時、

当たり前ですが、

恐怖や制限はなく、ただ喜びなわけです。

 

なので、先日のクリスタルでの香りの変化や、

虫除けの香りの違いが表現できた事は本当に嬉しかった。

自分が受け取っている、

言葉にならない何かが現象界現れる、

表現される喜び。

そして、それを踏まえてさらに深めていく。

 

そんな喜びの元で製品開発や提供を行っております。