生まれた場所へと濁流を登るサケの魚(うお)。この頃の七十二候

間もなく冬至を迎えるこの時期。
七十二候ではちょうど、「鱖魚群(さけのうおむらがる)」頃です。

大海原で過ごした鮭が、生まれた故郷へ産卵のため、川を滝を、遡る。

その様は圧巻で、北海道ではひとつの観光にもなっているとか。
人間サマ的な視点からは、激しい川の流れを遡上するサケの大群は名勝かもしれませんが、サケにとっては命がけ。

チカラ尽きて川辺で途絶えるものや、捕食者の餌食となるもの。
トンビやカラス、クマたちは、空から木から一番美味しいサケはどれかと高みの見物。

そうしてそれらも、生きる術
生きものたちの生命の輪

力尽きつつ食べられながら
生まれた故郷へと登る

そうして初めて流れ続ける
次の世代への生命

。。。

誰に教わるでもなくて、生まれた場所を知っている。
動物的な、本来誰もが持っているであろう本能や知恵、私はどこまで生かせているだろうか。

たくさんな情報、便利な世界。
感覚がくらむほどの激しい視覚・聴覚・嗅覚・味覚・触覚。細分化されてたどり着いたはどの世界。

もっともっと、シンプルに。
誰もが生まれた本来の姿で生きられるならば、きっと平和な世界になるのだろうな。

曇った本能、鈍った野生。
まずは自分自身の在り方を通し、サケのように本来の自分へと遡り中、なのかもしれません。

バリバリーは、今度の冬至で5周年。
本当にありがとうございます。

本来の自分にもどれるような、たまったホコリがサラリと流れるような、そんなキッカケとなるブランドで在りたいなぁと思うのです。

今後ともどうぞ、宜しくお願い致します。

 

スタッフ madu



PICK UP!

■バリバリーメルマガ
二十四節気ごとの過ごし方や暦に合わせたお便りや製品の使い方。素材についてのコラムなどをお送りします。新製品情報やメルマガ読者様限定企画などもあります。
メルマガ登録はコチラから

■龍涎香について
龍涎香の記事一覧
龍涎香の買取・鑑定をご検討中の方へ

■バリバリーパートナーズ募集
製品や思いに共感して、一緒にその世界を広めてくれる方募集してます。パートナーさんだけの特別製品や限定品の販売もありますのでお楽しみに(^^)
募集要項
お申し込みフォーム

■その他
バリバリーについて
代表について



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です