月読

月読

僕が心身を崩して、世界が灰色に見えていた時、
そこに色を取り戻してくれたのは
月読だった。

たしかに心臓は動いていて命はあるのだけど、身体は全く動かず、世界は灰色で生きてなかった。
そこに生命の光を当ててくれたのは月の満ち欠け。

1日という区切りでもなく
一年という区切りでもない。
28日間の流れと古くから伝わる月の名前と由来
24節気
72候

そんなものを、植物や風の手触り、空気の湿度と結びつけて
少しずつ変わる日々の変化を楽しみに生きることで
世界の変化を感じ取ることができた。
世界に色が取り戻されていった。
明日ではなく、
三日後、一週間後を楽しみに生きることができた。

月読は生命を世界に表す神なのだ。

月読の香りによせて。

過去の竜涎香関係の記事






様々なまとめ記事





【バリバリーパートナーズ募集してます。】

バリバリーの製品や思いに共感して、一緒にその世界を広めてくれる方募集してます。
パートナーさんだけの特別製品や限定品の販売もありますのでお楽しみに(^^)
パートナーズ要項はこちらです♪



要項を見られていいなと思われたら、以下のお申し込みフォームから申し込みください。
パートナー応募フォーム


【バリバリーメールマガジン「フェアリー通信」】
バリバリーメールマガジンはじまります。「フェアリー通信」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です