月読

月読

僕が心身を崩して、世界が灰色に見えていた時、
そこに色を取り戻してくれたのは
月読だった。

たしかに心臓は動いていて命はあるのだけど、身体は全く動かず、世界は灰色で生きてなかった。
そこに生命の光を当ててくれたのは月の満ち欠け。

1日という区切りでもなく
一年という区切りでもない。
28日間の流れと古くから伝わる月の名前と由来
24節気
72候

そんなものを、植物や風の手触り、空気の湿度と結びつけて
少しずつ変わる日々の変化を楽しみに生きることで
世界の変化を感じ取ることができた。
世界に色が取り戻されていった。
明日ではなく、
三日後、一週間後を楽しみに生きることができた。

月読は生命を世界に表す神なのだ。

月読の香りによせて。



バリバリーメルマガ

二十四節気ごとの身体の状態、満月新月に合わせたタイムリーな情報をお届けします。新製品やメルマガ読者様限定企画なども♪

→ メルマガ登録はコチラから



PICK UP!

■龍涎香について
龍涎香の記事一覧
龍涎香の買取・鑑定をご検討中の方へ

■バリバリーパートナーズ募集
製品や思いに共感して、一緒にその世界を広めてくれる方募集してます。パートナーさんだけの特別製品や限定品の販売もありますのでお楽しみに(^^)
募集要項・お申し込みフォーム

■その他
バリバリーについて
代表について



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です