神社の手水舎で竜涎香が、、、

先日京アロマカンファレンスへ向かう車の中でアンバーグリス仲間のDさんが、、、

神社の手水舎ってだいたい竜涎香がよだれ垂らしてますよね、、、、って

すごいダラダラ垂らしてますよねってww

由来を調べると
龍は雲や雨を司る水の神様で
水というのは命の源とのこと。

ああ、なるほど、龍=流(りゅう)ですものね。
流れる水は濁らず。
流れがあって、命がある。

私の名前の漢字も隆(りゅう)だったり
意味を調べると「神様が降りてくる時に鳴る様」だそうです。

と、最近は龍を調べ始めてます。。。



PICK UP!

■間もなく始動する新プロジェクト。
不安定な時代だからこそ……
乞うご期待!
メルマガ登録はコチラから

■龍涎香について
龍涎香の記事一覧
龍涎香の買取・鑑定をご検討中の方へ

■バリバリーパートナーズ募集
製品や思いに共感して、一緒にその世界を広めてくれる方募集してます。パートナーさんだけの特別製品や限定品の販売もありますのでお楽しみに(^^)
募集要項
お申し込みフォーム

■その他
バリバリーについて
代表について



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です